[AWS DVA]インフラ未経験が2か月で合格した勉強法

DVA

こんにちは、ひすいです!

先日、AWS認定資格のアソシエイトレベルに属するデベロッパーアソシエイト試験に合格しました!

そこで、今回は

インフラ未経験の僕が2か月で合格できた勉強法をご紹介します!!

 

結論
・使用する教材は以下の3つ
1. ポケットスタディ AWS認定デベロッパーアソシエイト
2. AWS 認定デベロッパー アソシエイト模擬試験問題集
3. AWS サービス別資料 (BlackBelt)
・マインドマップを使用して知識を整理していく

僕のスペック

 

まずは、僕のスペックを紹介します

・工学部出身(情報系ではないです)

・インフラ系の知識なし
→AWSについての知識もゼロ

正直、機械工学の知識は全く役に立ちませんでした…

AWSとは??


AWS
とは、Amazon社が提供しているAmazon Web Servicesの略です。


世界シェアNo.1のクラウドコンピューティングサービス
になります。

クラウドコンピューティングサービスとは、

サーバーなどの機器を用意せずに

インターネットを介して仮想の機器を使用できるサービスのことです。

仮想の機器とは言っても実際にはAmazon社が管理している機器を使用しています。

AWSのほかには、Google社のGCP(Google Cloud Platform)やMicrosoft社のAzureが有名です!

AWS認定試験とは??

概要

AWS認定試験とは「AWSにおいて専門知識を持っていることを証明するもの」

試験には、基礎、アソシエイト、プロフェッショナル、専門知識の4つのレベルがあります。

今回僕が受験したのは、デベロッパーアソシエイトというものになります。

デベロッパーアソシエイト(DVA)とは??

概要

この試験のレベルは名前の通り、アソシエイトレベルになります。

アソシエイトレベル
定義:「1年間のAWSクラウドを使用した問題解決と解決策の実施における経験」
つまり、1年間の実務経験者を想定しています。
ですが、僕のように未経験者でも勉強すれば2か月程度で合格できます!!
アソシエイトレベルの試験の中でも、今回のデベロッパーアソシエイトは
AWSにおける開発、デプロイ、デバッグにおける認定試験

になります。

価格は、¥16,500(意外とかかる(笑))

出題分野


展開(デプロイ)

セキュリティ

AWSサービスを使用した開発

④リファクタリング

⑤モニタリングとトラブルシューティング

※赤文字の分野が問題の割合が多い

重要サービス

よく出題される重要なサービスを分野別にご紹介していきます。

※黄色マーカーがついているサービスが特に重要

 (BlackBeltを熟読することオススメ!!)


展開(デプロイ)

  • Codeサービス
    1. CodeCommit
    2. CodeBuild
    3. CodeDeploy
    4. CodePipeline
  • CloudFormation
  • ElasticBeanstalk
  • SAM (Serverless Application Model)


セキュリティ

  • IAM
  • Cognito
  • KMS
  • VPC
  • Systems Manager
  • Secrets Manager


AWSサービスを使用した開発

  • ストレージ
    1. S3
    2. EBS
    3. EFS
  • データベース
    1. DynamoDB
    2. RDS
    3. Aurora
    4. ElastiCache
  • コンピューティング
    1. EC2
    2. ECS
    3. Lambda
    4. CloudFront
    5. ELB
  • API Gateway
  • メッセージング
    1. SNS
    2. SQS
    3. Kinesis
  • Stepfunctions


④リファクタリング

  • サービスは特になし
  • ベストプラクティスが大切
    1. スケーラビリティを確保
    2. 環境の自動化
    3. 使い捨て可能
    4. 疎結合にする
    5. サーバーではなくサービスの設計
    6. 適切なデータベースの選択
    7. 単一障害点をなくす
    8. コストの最適化
    9. 全てのレイヤーでセキュリティを実装
    10. 増え続けるデータの処理


⑤モニタリングとトラブルシューティング

  • CloudWatch
  • X-Ray

 

受験方法

受験方法は2通りあります

  1. テスト会場へ行く
  2. 自宅のPCで受験する

ちなみに僕は自宅のPCから受験しました!

自宅から受験する際には、トラブった系の記事を読むことをおすすめします!

【AWS認定試験】日本語で自宅受験をしてみてトラブった話 - Qiita
はじめにSAA(AWS認定 ソリューションアーキテクトアソシエイト)を自宅受験してみました!!トラブルなどもあったので、体験記として受験される方の参考にちょっとでもなればなと思います。自宅受験…

勉強方法

参考書

僕は以下の3つの教材を使用していました。

  1. ポケットスタディ AWS認定デベロッパーアソシエイト
  2. AWS 認定デベロッパー アソシエイト模擬試験問題集
  3. AWS サービス別資料 (BlackBelt)

それぞれの特徴をご紹介します

1.ポケットスタディ AWS認定デベロッパーアソシエイト

  • そもそもデベロッパーアソシエイトについて書かれている本が少ない
  • 2021年3月に発売され、比較的新しい
  • AWSの公式サンプル問題を解説している
  • 分野別に書かれていて、理解しやすい
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [ 山下光洋 ]
価格:2310円(税別、送料別)(2021/11/17時点)

 

楽天で購入

 

 

 

2.AWS 認定デベロッパーアソシエイト模擬試験問題集

  • 本試験に比べて難しい
    • 本試験ではこの模試の中の基本レベルの問題が出る印象
  • 公式の模擬試験がいらないくらいの良問題集
【教育・学習】資格・学習
総合情報サイト「コレダ!」がお届けする教育・学習における資格・学習の総合情報サイトです。

3.BlackBelt

  • AWSの公式資料
  • スライド形式で理解しやすい
  • PDFで保存し、タブレット等で手軽に見れる
サービス別資料 | AWS クラウドサービス活用資料集
アマゾン ウェブ サービス (AWS) は安全なクラウドサービスプラットフォームで、ビジネスのスケールと成長をサポートする処理能力、データベースストレージ、およびその他多種多様な機能を提供します。それらを活用するために役立つ日本語資料、動画コンテンツを多数ご提供しております。

 

具体的な勉強法

  1. ポケットスタディ AWS認定デベロッパーアソシエイト を一周読む(章末問題も解く)
  2. Udemyの模試を解く
    • わからなかった問題や用語を深堀(超重要!!!)
    • 問題の解説がわからない場合はググる(qiitaやclassmethodの記事がおすすめ)
  3. マインドマップで情報を整理
    • Xmindを使用していました
    • 文章ではなく、知識のつながりを可視化できる
    • スキマ時間にみて、勉強できる
  4. 2. と3. を繰り返す

余裕があれば、AWSのコンソールを触ることをおすすめします!

 

勉強時間

僕の場合は2か月間勉強して、時間にすると100~150時間ぐらいだと思います。

最初は挫折しそうになりましたが、コツコツと勉強していくとこが大切!

 

まとめ

 

結論
・使用する教材は以下の3つ
1. ポケットスタディ AWS認定デベロッパーアソシエイト
2. AWS 認定デベロッパー アソシエイト模擬試験問題集
3. AWS サービス別資料 (BlackBelt)
・マインドマップを使用して知識を整理していく
受験する方は頑張ってください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました